腸が喜ぶ食生活

腸の老化の原因は多脂肪や野菜不足の食生活である

現在の人によく見受けられる食生活は、腸を老化させ、更に免疫力を下げる原因になります。
具体例を挙げるならば、肉類の過食と野菜不足の食生活です。食事の中に動物性蛋白質や脂肪が多いと言われる、欧米的な食生活は、日本人の体を強くする事に成功しました。
けれど、それによる「副作用」で、悪玉菌がその食品と腸内で作用し合い、増殖してしまい、便秘や大腸がんの原因とされる、発ガン物質を作り出して患者を急増させてしまったのです。
それと同時に食物繊維が豊富な野菜を摂取しないことにり、腸の老化がより早くなります。
野菜の1日の標準摂取量は世界を基準として350gに対し、日本では大幅に下回る280gしか摂取されてないんです。

 

習慣として野菜やヨーグルトを毎日食べましょう

食物繊維は野菜やヨーグルトの主成分でもあり、善玉菌の餌としても利用でき、腸内の若返りを促進するために、腸内の老廃物や有害物質を吸収し体の外に押しやる働きがあります。
さらにヨーグルトや納豆のような発酵食品には、腸の清潔を保つための効果があるので食物繊維と一緒に食べていくと善玉菌は効率よく増えていくということです。
特に乳酸菌は腸を活性化させ、便秘にならないようにするだけではなく、腸内にある有害となる細菌の繁殖を抑制し免疫力を高めることや、がん予防にも効果的な腸内細菌のうちの善玉菌なんです。ヨーグルトは牛乳を乳酸菌で発酵させた発酵乳なんです。
ですので、清潔な腸を保つためには欠かせない食品ですので、毎日食べることを心がけましょう。腸内環境は3日程で元に戻ってしまうので、気を付けなければなりません。

 

1日3食を心がけ食生活が乱れないようにしましょう

バランスよく肉類、魚類、そして食物繊維を沢山含んだ野菜や腸内の清潔を保つヨーグルトのような発酵食品を摂取していても、食生活がきちんとしていなければ、その効果は半減してしまいます。基本の1日3食を心がけ、毎日適度に決められた時間に食事をすることが大切です。1日食べないでいた後にまとめて食べたり、深夜帯に夜食を取るなどのことが頻繁的に起こると、腸の働きである消化機能がきちんと働かなくなってしまいます。

 

快腸の鍵は自律神経。ストレスを残さない毎日を

自律神経が乱れてしまいますと、体内臓器へ様々な影響を及ぼしますが、中でも腸はその影響を多く受けてしまう臓器です。
内臓の働きや心拍、発汗といった、自分の意思ではコントロール出来ない体の動きを担っている中枢神経のことを自律神経と呼びます。
自律神経とは、緊張した時に強く働き出す「交換神経」、リラックスしている時に強く働く「副交感神経」がバランスを取り体の機能を守っています。
このバランスが保たれているおかげで腸が正常に機能しているんです。
けれど、ストレスによる緊張の制で交感神経ばかりが活発に動いてしまうと、腸の動きが抑制されてしまい、排便がスムーズにいかなくなったりします。
仕事の圧力や人間関係の悩み、家庭での問題などの沢山のストレスの原因が日常には潜んでいます。そのストレスが、腸の機能を弱くする元となっているのです。
現在の生活を見直してみたり、ストレスの元を探って対処する努力をしてみて下さい。

 

 

便秘解消にコレ!大ヒット ランキング

生漢煎 防風通聖散散


便秘はもちろん、お腹まわりや肥満、むくみなど効果が認められた医薬品です。  

18種類の生薬が代謝を高め、便通を促し内側からスッキリ!便秘を改善して さらに脂肪を落としたい人にピッタリの漢方薬です。

 

 

  
まあるい旬生酵素


310種の植物発酵エキスと21種類の乳酸菌、さらに3種の漢方をギュッと1粒にした生酵素サプリ。  

丸剤タイプにすることで とても飲みやすく続けやすいんです。今までの酵素で満足できなかった人にオススメ。

 

 


美甘麗茶


宮城舞プロデュースの甘くて美味しい 便秘&ダイエットティーです。甘いお茶なのにゼロカロリーが嬉しい♪  

美味しくデトックスして ダイエットが原因の便秘にもキャンドルブッシュの効果でスッキリ。

 

 


みどり酵素


ミドリムシ(ユーグレナ)と酵素が一つになったサプリメント。  

何と言っても豊富な栄養素が簡単に摂ることができる パーフェクト食品♪さらに完全無添加だから安心して続けられます。便秘と栄養をしっかり摂りたい人にピッタリ。