腸が喜ぶ成分まとめ

腸のために積極的に取りたい成分

 

乳酸菌
腸の健康を守る、善玉菌といえば乳酸菌が欠かせません。

 

善玉菌の一種である乳酸菌は、腸の中で糖分を分解し沢山の乳酸菌を生成する細菌を全てそう呼びます。
さらに、乳酸菌には腸を通過することによって酸を生み出し腸内環境を整える役割があります。
腸の中には100兆個もの細菌が存在していますが、その20%を占めているのが乳酸菌であり、同様の善玉菌であるビフィズス菌を増殖させ、悪玉菌が増えるのを抑制する効果があります。ですので、便秘や下痢なのような症状を改善し、腸の働きが正常に動くには乳酸菌のお陰です。

 

 

オリゴ糖
天然甘味料であり、ビフィズス菌の餌となります。

 

消化酵素で分解しにくい糖類がオリゴ糖です。オリゴ糖には2つの種類があり小腸で消化してしまうものと、消化されないで大腸にまで届くものがあります。そして、便秘に聞くとされているのが、この消化されていない方の「難消化性オリゴ糖」です。
難消化性オリゴ糖にはフラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖などがあります。小腸では消化されなかったオリゴ糖は大腸まで行くことにより、ビフィズス菌の餌になって善玉菌を増やす手伝いをしてくれます。

 

 

ビール酵母
特徴として、栄養バランスの良さが見られます。また、腸及び全身の健康増進にも効果があります。

 

麦芽をにて麦汁にし、それを発酵させたものがビールとなりますが、その発酵させる時に活用されるのがビール酵母という酵母です。発酵されたあとのビール酵母には、タンパク質やビタミンB群、ミネラルなどの栄養に良い物が含まれており、その中には食物繊維も含まれています。
それにより、腸の状態を整えてくれる上に他の栄養素による栄養補給や新陳代謝の促進、さらに疲労回復なども同時に行われるので、全身効果にも期待が高まります。

 

 

カテキン
悪玉菌に対して抗菌力を発揮する緑茶の基本成分。

 

緑茶の主成分であり、ポリフェノールの一種であるカテキンは活性化酸素を除去に効果的な抗菌化作用が有名です。けれどブドウ球菌やウェルシュ菌、腸炎ビブリオ菌などの食中毒の原因となる悪玉菌にカテキンの効果「最小発育阻止濃度」が調べられたことにより、緑茶にあるカテキン濃度に比べはるかに低い濃度でも抗菌作用が適用することはわかりました。
その他にもカテキンには、コレラ菌や病原性大腸菌O-157といった病原菌、更には胃潰瘍や胃癌になる恐れのあるピロリ菌にも強力な抗菌作用があることが判明しました。

便秘解消にコレ!大ヒット ランキング

生漢煎 防風通聖散散


便秘はもちろん、お腹まわりや肥満、むくみなど効果が認められた医薬品です。  

18種類の生薬が代謝を高め、便通を促し内側からスッキリ!便秘を改善して さらに脂肪を落としたい人にピッタリの漢方薬です。

 

 

  
まあるい旬生酵素


310種の植物発酵エキスと21種類の乳酸菌、さらに3種の漢方をギュッと1粒にした生酵素サプリ。  

丸剤タイプにすることで とても飲みやすく続けやすいんです。今までの酵素で満足できなかった人にオススメ。

 

 


美甘麗茶


宮城舞プロデュースの甘くて美味しい 便秘&ダイエットティーです。甘いお茶なのにゼロカロリーが嬉しい♪  

美味しくデトックスして ダイエットが原因の便秘にもキャンドルブッシュの効果でスッキリ。

 

 


みどり酵素


ミドリムシ(ユーグレナ)と酵素が一つになったサプリメント。  

何と言っても豊富な栄養素が簡単に摂ることができる パーフェクト食品♪さらに完全無添加だから安心して続けられます。便秘と栄養をしっかり摂りたい人にピッタリ。